早漏克服方法の種類

早漏の克服方法にはいくつかの種類があります。その一つの方法にスクイーズ方があります。
これはペニスを一旦女性の膣内に挿入をしますが、挿入後快感が襲ってきたら、射精をする前に抜いてしまう。
そして亀頭部を押さえて快感を一旦沈めます。そしてその後にもう一度挿入する。その動作を何回か繰り返すのです。
男性の早漏の原因は、膣内での摩擦のよるものが一番だと言います。
そのために摩擦を避けることが一番大切なのです。
そしてそのために、一旦挿入はするが、また抜いてしまう、そしてまた挿入するということを繰り返すことによって、次第に摩擦に対する抵抗力がつき、持続することが出来るようになるのです。
次の方法はセマンズ法があります。これは女性の膣内に挿入し、快感が襲ってきたら、一旦ピストン運動を辞めます。
そして快感が治まったらまたピストン運動を始めるという方法です。
これは先ほどの一旦ペニスを膣内から抜くという方法とは大きく違いますね。
でもこれもよく知られた方法であり、クリニックや病院でもよく指導される方法なので、効果があると言えるでしょう。
またこれまでの二つは自分でコントロールしなくてはいけない方法でしたが、実際に何かに頼って射精をコントロールするという方法もあります。
それはコンドームが一つあります。コンドームの中は、麻酔成分を含んでいて少し感覚を麻痺させて、勃起を維持させるという方法があります。
また早漏防止スプレーやクリームといったものもあります。これらの中にも麻酔成分を含み麻痺させるもの。
また麻酔成分は含まず天然のハーブなどを使用して鎮静させるようなものもあります。
克服の種類はいくつもあるので、どれが自分に合うか試してみるとよいですね。

早漏は諦めずに治療薬を!

セックスは単に妊娠をして子供を作るための行為というだけではなく、男女の仲をより親密にするのにも役立ちます。
ただ、男の人にとっては早漏であるという事は致命的であり、女性を満足させる事が出来ずに、却ってセックスが原因で恋人と別れるという事になる事もあります。
また、自分だけが先にいってしまうという事に対する負い目を感じる人も多く、それが自信を無くしてしまって女性との関係を悪化させてしまう事もあります。
ただ、早漏というのはそう簡単に自分の努力で改善する事が出来るものでは無く、中には早漏であるのを仕方が無いと諦めてしまっている人もいます。
確かに昔であれば改善するのは難しかったのですが、最近では早漏の治療薬を手に入れる事も可能となっています。
国内では未認可でありますが、ヨーロッパなどでは早漏の治療薬として認可されている薬であり、病院に相談する事で処方してもらう事が可能です。
また、通販サイトを利用して個人輸入で手に入れるという方法もあり、こちらの方法ならば医師の処方も必要ないので気軽に買う事が出来ます。
早漏である事を理由に女性に対して自信が持てないという人は、昔とは違って今は治すのを諦める必要はないのです。
ただ、未認可の治療薬は保険が適用されないために費用が高額になってしまうという欠点があるので、その点には注意が必要です。
もし、金銭的な負担が厳しいという場合は、通販で個人輸入するとジェネリック品も取り扱っている所があるので、ジェネリック品ならばかなり安く購入する事が出来ます。
個人輸入を利用する場合は自己責任での輸入となるので、しっかりと用量や用法、副作用などを確認した上で信頼の出来る業者で頼むと良いです。

早漏と包茎の関連性

早漏の男性によく見られる症状が包茎です。
包皮が被ったままだと、亀頭が粘膜質のまま強化されません。
オナニーをするときは射精をコントロールできますが、SEXになるとあっという間に射精してしまうのです。
亀頭粘膜が敏感ならば、強化していくしかありません。
仮性包茎の方は、常に包皮をむいておきましょう。
そうすることで通気性がよくなり、恥垢の発生を抑えることもできます。
臭いも軽減するので、恥垢の臭いに悩んでいる方はむく癖をつけておきましょう。
ただ、むくときに痛みを伴うようなら無理をしてはいけません。
裏筋を傷めてしまいますし、むいたあとに元に戻らなくなる可能性もあります。
真性包茎の場合は、迷わず医療機関で治療を受けましょう。
健康保険の適用となるので、自己負担は3割ですみます。
仮性包茎は保険の適用外ですが、これは治療の必要性がないと認識されているからです。
確かに正常なペニスと比べて不都合はあるでしょうが、普段からむく癖をつけておけば、むけた状態を維持できるようになります。
日本人の仮性包茎の割合は高く、60%を超えています。
正常なペニスの男性のほうが少ないのです。
いずれにせよ、包茎は早漏を招きやすいので対策が必要です。
オナニーをほとんどしない方は、亀頭が強化されにくいです。
その結果、挿入して1分以内に射精してしまうのです。
オナニーをしておけば、SEXのときに射精コントロールがやりやすくなります。
何日も禁欲をしてからSEXをすれば、早漏になるのは仕方のないことです。
精液は72時間でフル充電されるため、1~2日に1回のペースでオナニーをしておくといいでしょう。
性的興奮が高い状態でSEXをすると、早漏を招いてしまいます。
■早漏治療薬といえば
プリリジー錠
ダポキセチン
タダポックスで早漏にさよなら