早漏と遅漏がバレない方法とは

人は誰しも性に関わる悩みを抱えているものです。
女性であれば、胸やおしりのサイズの悩みはその定番と言えます。
男性の場合、自分のペニスのサイズなども悩みの定番ですが、それよりも深刻な悩みとして早漏、遅漏が挙げられます。
早漏の場合、包茎に原因があることがほとんどです。仮性、カントン包茎の場合、基本的に亀頭は皮に覆われ、勃起時のみにむき出しになるため、外からの刺激に弱く、すぐに射精してしまいます。
これは男性として恥ずかしいことで、女性にはバレないように努めたいものです。そこで取り得る方法として、挿入前に何らかの方法で1回射精するというものがあります。1度射精すれば、次はそれなりに持ちます。
しかし、これはその場しのぎと言えるため、なるべくであれば、専門医の下で治療を受ける方が長期的に見て有効と言えます。
遅漏の場合、様々な原因が考えられますが、まず考えるべきはオナニーとの関係です。普段の性交時ではありえない態勢でオナニーをしたり、必要以上に強い刺激を与えすぎていると、性交時にうまく射精できないことがあります。
遅漏は女性の膣に大きな負担をかけてしまうために、なるべくであれば解消すべきものなので、遅漏であることをバレないようにすることは重要です。そこで、オナニーのために遅漏を招かないように、その方法を考えるべきです。
また、オナニーを禁止することも遅漏対策として有効です。
 性交において適度な挿入時間は、男性、女性双方の精神的、肉体的負担の観点から重要です。特に男性は、早漏、遅漏であることがバレてしまうとプライドが傷つき、自信を失ってしまいます。そのため、パートナーに対して早漏、遅漏がバレようにし、バレないうちに早めに対処すべきです。