早漏対策として摩擦を何度も加える

早漏は男性にとって大変大きな問題です。
すぐに射精してしまうために、パートナーが満足できないこともありますし、子どもをつくることを考えた場合、しっかりとした挿入ができず、妊娠の確率を下げてしまうこともあります。そのため、早漏は何等かの方法で改善しなければなりません。
まず考えられるのが、早漏の原因と考えられる包茎の治療です。
クリームやスプレーなどを使った一時的なものから、余分な皮を取り除き、亀頭を露出させ、刺激に強くする包茎手術までさまざまな方法があります。
しかし、なるべくであればお金はあまりかけたくないものです。特に包茎手術は早漏対策の効果としては抜群ですが、十数万円はかかってしまいます。
そこで自分でできる早漏対策として亀頭に摩擦を与えるという方法を試します。亀頭が刺激に弱いと、射精をコントロールすることが難しくなります。
まして、性交の場合、オナニーとは違い相手がいるので、相手のその時のリアクションなどで興奮の程度に差があり、すべて自分のタイミングで性交をするということはできません。
そこで、亀頭にタオルなどを使って摩擦を何度も与えることで、刺激に強い亀頭にします。
あまり強く摩擦を与えてしまうと、亀頭が傷つき、感染症などの原因になってしまうので、何度も何度も刺激を強すぎない程度に与えます。そうすることで、亀頭に耐性ができ、性交時に射精のタイミングをコントロールできるようになります。
このように、早漏対策として誰でも手軽に試すことがきでるのが亀頭に摩擦を加えるという方法であり、うまくいけば早漏を、大きなお金をかけることなく自力で解決することができ、経済的にも、精神的にも満足できるかもしれません。